PAHLとは

かけがえのないパートナーである動物たちとともに、
幸せに暮らせる成熟社会を目指します。

 少子高齢化、都市生活での人間関係の希薄化やストレス増大等の社会背景の中で、心の安らぎ・癒しなど動物(犬・猫)たちとのふれあいを求める人々が従来にも増して多くなってきています。 しかし我が国では、殺処分される伴侶動物がいまだに多く存在しており、欧米諸国に比べて「動物愛護後進国」と言われる状況にあります。 かけがえないパートナーとしての動物という意識の醸成が薄く、動物愛護の観点からの店頭販売等の規制も充分でないなど動物愛護の法整備が立ち遅れていることから、人と動物が共存し、安心・安全に、そして幸せに暮らすためには、突然飼い主をなくした犬や猫の保護をはじめとする様々な社会システムの整備を官民協働で推進していくことが求められています。  このような認識のもと、特定非営利活動法人「人と動物のハッピーライフ」は、静岡県東部地域における「人と動物とが共存した成熟社会の実現」のための推進エンジンとして、平成28年11月11日に誕生しました。

趣旨に賛同いただける企業、市民の皆様の協力、行政機関との協働により、出来るだけ早期に保護施設の整備を図るとともに、 動物とのふれあいを通じ、潤いと喜びに満ち、人と動物が幸せに暮らす社会を目指し、新たな里親探しや動物飼育者への適切な飼い方教室の開催、子供たちへの「いのち」の教育などの事業を展開していきます。

特定非営利活動法人 人と動物のハッピーライフ
理事長 井口 賢明